たまに真面目なひとり言

真面目なお話たまに好きなものをゆるく語ります

気付きと学びのワークショップ

キャリコンの先輩からお誘いいただき、明治大学の諸冨祥彦先生のワークショップに参加してきました。 諸冨先生と言えば、「本当の傾聴」が起こす「自分の内面とのつながり」「人生の深い意味」「魂のミッション」というキーワードが思い浮かびます。 今日は…

アセスメント技術を高めたい

医療・保健・福祉・心理専門職のためのアセスメント技術を高めるハンドブック【第2版】――ケースレポートの方法からケース検討会議の技術まで作者: 近藤直司出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2015/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ…

HSP〜「すみません」をやめてみた

すぐに「すみません」と言ってしまう。 HSPの本を読んで気付いた私の癖。 できることからやってみよう、ということで 「すみません」を封印してみた。かれこれ1週間。 まず、すぐに気づいたのが、 自分が「すみません」と言うことで、私は人に対して「こうあ…

対人援助職としてのあり方

先週は怒涛の学習ウイークてした。 ○キャリアカウンセラーの先輩たちとかれこれ5年くらい続けている自主勉強会 ○某社会福祉士会主催のスクールソーシャルワーカー研修 ○スクールソーシャルワーカーの師匠との語り合い スクールソーシャルワーカー研修では、…

SSWの背骨

先日はスクールソーシャルワーカーの師匠ともいえる先輩とランチをしました。出産したあと娘に会いにきてくれたので半年ぶりくらいでしたが、しょっちゅう仕事の相談でラインをしていたので久しぶり感もなく。 新宿野村ビルのハシヤでランチしたあと、お天気…

HSP〜自分の資質を知る

西川佳宏さんの「本当は傷つきやすい人へ」読んでいます。 いくつかの事例が出てくるのですが、そのうちの1人が「えっ?私ですか??」っていうくらいあてはまる。心の動きが自分そのもの。 以下抜粋↓ ”友人関係は私が友達の愚痴や悩みを聞いてあげる側です…

宮下奈都『よろこびの歌』〜何の為に生きるのか

よろこびの歌 (実業之日本社文庫)作者: 宮下奈都出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2012/10/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (11件) を見る宮下奈都さんの本を引き続き読んでみた。 今回は『よろこびの歌』ひとこと、とっ…

人間関係のとらわれ

HSPの特性にかなり当てはまる私。まだまだ勉強中ですが、なんかほっとした感じがしています。 例えば暴力的なシーンが極度に苦手。映画を観てて、レイプシーンや暴力的なシーンがちょっとでもあると夜眠れなくなるし、夢にでてきます。だから、舞台観劇のほ…

子どもの自己肯定感と親の自己肯定感

0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス 作者: 明橋大二,太田知子 出版社/メーカー: 1万年堂出版 発売日: 2017/06/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 3月に39歳の誕生日を迎えました。 来年、40歳になるなんて!信じら…

宮下奈都『たった、それだけ』

たった、それだけ (双葉文庫)作者: 宮下奈都出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2017/01/12メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る辻村深月さん、本屋大賞受賞おめでとうございます~! 本屋大賞繋がりで、宮下奈都さんの本を初めて読んでみました。…

桜木紫乃『裸の華』~女が覚悟を決めたら強いのである!

裸の華作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/06/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 4月からSSWのお仕事を再開しました。とある高校に配属になりました。 週2回の勤務ですが、なんだか慌ただしくバタバタしております。娘…

ヅカ活復帰は宙組さんから★

すっかり宝塚から離れてしまっていてかなり情報が遅れておりますが、 雪組でファントムを再演するとか。 私が生のファントムを観たことがあるのは蘭寿さんのお披露目。次期トップがなんで壮さんじゃないの~!?というもやもやとした期間を過ごし、蘭蘭コン…

純粋な心は素敵~『思い、思われ、ふり、ふられ⑦』

思い、思われ、ふり、ふられ 7 (マーガレットコミックス)作者: 咲坂伊緒出版社/メーカー: 集英社発売日: 2017/12/25メディア: コミックこの商品を含むブログを見る7巻、読みました。 この先生の作品を読むのは「ストロボエッジ」「アオハライド」に続き3作…

『あなたのことはそれほど⑥』~みんなドロドロを持ってる

あなたのことはそれほど 6 (フィールコミックス) 作者: いくえみ綾 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2017/11/20 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 『あなたのことはそれほど』の最終巻、でました。 年末に読んでそのままになってました。 波…

『朝が来る』感想つづき

辻村深月さん『朝が来る』の感想つづきです。 この作品がすごいと思ったところは、生みの親であるひかりと養親の佐都子と夫の人生が丁寧にしっかり描かれていること。 佐都子と夫(栗原夫妻)が出会い、結婚して、不妊治療に至るまで、不妊治療をうけはじてか…

辻村深月『朝が来る』~人は何度でも生まれ変われる

朝が来る 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/06/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (22件) を見る 辻村深月さんの『朝が来る』を読みました。 辻村さんの本は何冊か読んでますが一番感動し、考えさせられた本になりました。 以…

「昼顔」からの男と女の違い

映画「昼顔」レンタル開始になってやっと観ることができました。公開前の去年の6月頃、テレビで再放送しててすっかりはまってしまいました。 ドラマでは、上戸彩ちゃん演じる紗和はご主人と離婚、斉藤匠演じる北野先生は奥さんのもとへ戻ってしまうのですが…

★今年の目標と、、心のありよう★

救急車で運ばれて早1週間。 胃の調子も戻り、喉元過ぎれば、、、じゃないけどあの苦しみがすっかり過去の出来事ににりつつある。。。 救急車に運ばれて2日後に風邪でお世話になるお医者さんに一応診てもらいに行ってきました。そこで胃腸炎ではなく胃潰瘍…

★胃腸炎★

娘の話ではなく私。 昨日、夕方から突然の吐き気、吐き続けること4時間。胃液しか出るものがなく、胃液を出したあとの胃の痛みが尋常ではなく立てなくなり、、、「これはやばい」と。 生まれて初めて救急車で搬送されてしまいました。 毎年年末年始は何か起…

★ディズニーと私の変化★

とあるアンケートで「変なホテル」宿泊券が当選しました。ホテルの場所がディズニーランドの近くだったことから友達と友達の子ども、私と娘の4人でディズニーランドに行ってきました。ディズニーランドは10年ぶりくらいかもしれません。 友達の子どもは4歳の…

子育てって性格がでる。。。

11月7日に無事生後7ヶ月を迎えました。 子育てをしていると自分の性格をこれでもかって思い知らされる気がします。。 私はすぐに「先のことを考えてしまう」。今朝はめずらしく朝から娘がぐずぐず。朝御飯や離乳食の準備をするためにそばを離れるだけで泣き…

弟への感謝

弟のことはいつも両親の悩みでした。 大学を辞めてから10年以上、不登校きみの頃から数えたらもっとか。弟を巡っては家族の衝突もありました。弟を責めてしまったこともありました。弟が前の会社を辞めてから、両親は本当に何も言わなかったのです。忍耐強く…

弟のこと~本当の解決とは

さて4月から勤め始めた弟。最初の3ヶ月は研修期間ということでした。働き始めてからは朝5時半に起き、6時半頃出勤。仕事はやはり大変そうでしたが、充実しているのが伝わってきました。(今は別に暮らしてるので週1日か2日程度しか会いませんが) 順調にいっ…

弟のこと~ひきこもりが終わるとき②

弟は技術を身に付けようと考えたそうです。私が社会福祉士の資格を取得したことやその話をしたことを弟なりに考えたみたいでした。弟は理系の大学に進学した自分の経歴を考え、電気工事士の資格取得を目指すことにしました。この資格にたどりつくまでも、多…

弟のこと~ひきこもりが終わるとき①

以前ブログで軽く触れたことのある弟のこと。私の弟は約3年の間、働かず家にいました。弟は小学生まではとても活発で、明るい子どもでした。そんな弟が中学生のある時期から学校を休みがちになりました。やっとの思いで高校に入り、これまたやっとの思いで…

★出産しました★

4月7日に女の子を無事に出産しました。 まもなく生後2ヶ月を迎えるわが娘。 出産前から切迫早産で自宅での絶対安静となり、正産期に入ったと思ったら骨盤が小さく子どもが出てこれない可能性があるとの診断になり帝王切開での出産。 生まれてからの2カ月間は…

過去と向き合い、解放されていく~桜木紫乃『風葬』

桜木 紫乃さんの『風葬』を読みました。 ここ2年ほどで結構好きな作家さんです。 私の感じる桜木さんの作品の魅力は「女性」。女性であるがゆえの醜さ・愚かさを描くのと同時に女性だからこその忍耐強さ、賢明さを感じさせてくれます。 どろどろしてるんで…

スターの目線に困った日~宝塚花組公演観てきました~

これまで真面目な内容ばかり書いてきましたが、超インドア派オタク気質でもあるので、趣味のこともゆるーく書いていこうと思います。 私の趣味のひとつは宝塚観劇です。初めて宝塚を観たのは約20年前の高校生の時。 天海さん、真矢みきさんがトップの時代で…

修復的対話

スクールソーシャルワークの勉強会で「修復的対話」を学んでまいりました。 修復的対話とは、人間関係におけるトラブルを対話によって解決する方法。もともと司法分野で取り入れられていた方法ですが、学校現場での実践に用いられるようになってきたそうです…

シンポジウム

久々のブログ更新となりました。 とある学会のシンポジウムに参加してまいりました。 テーマは「子どもの成長発達とスクールソーシャルワーク」 丸1日かけてのシンポジウムで、内容は盛りだくさんでした。 自治体の取り組み発表、学校コンサルテーションの講…