たまに真面目なひとり言

真面目なお話たまに好きなものをゆるく語ります

SSWの背骨

先日はスクールソーシャルワーカーの師匠ともいえる先輩とランチをしました。出産したあと娘に会いにきてくれたので半年ぶりくらいでしたが、しょっちゅう仕事の相談でラインをしていたので久しぶり感もなく。

新宿野村ビルのハシヤでランチしたあと、お天気がよかったので飲物を買って新宿中央公園に。そこで、約2時間ちょっと語り合いました。

4月から仕事を開始してから感じているモヤモヤとかを話して、先輩がフィードバックしてくれるようでした。その言葉ひとつひとつがすとんと落ち、モヤモヤが晴れわたる感じでした。

○自己決定がどうなのか

○学校のソーシャルワーカーであること

このふたつに集約されるかな。

 

先輩とは、出産前に働いていた自治体で出会い、SSWの仕事が初めての私にSSWとしてのあり方から動き方まで教えてくれた方。子どもの利益を最大限考えるということをぶらさない。ときには教員とぶつかることも恐れない。その時に教わったことのひとつに「誰が何に困ってるのか」を整理して、アセスメントをするということ。学校にいると「学校が困ってる」「保護者が困っている」ということでSSWに依頼がくることがしばしば。子どもが置き去りになりがち。

そしてそのアセスメントを見誤ると、支援課題まで見誤ることに。

先輩と話していて、すごく大切なことに改めて気付かされました。

 

 

 

 

 

 

HSP〜自分の資質を知る

西川佳宏さんの「本当は傷つきやすい人へ」読んでいます。

 

いくつかの事例が出てくるのですが、そのうちの1人が「えっ?私ですか??」っていうくらいあてはまる。心の動きが自分そのもの。

 

以下抜粋↓

”友人関係は私が友達の愚痴や悩みを聞いてあげる側です。いつも相談に乗ってあげる側です。いつも相談に乗っているのに、私が困っている時は「そんなの気にすることないわよ」って一言で片づけられたことがあります。なんかすごくバカらしくなっちゃったのを思い出しました”

 

同じ経験何度かあります。

私も何度「他の人は自分ほど相手を心配していないし、思いやってない」と自分に言い聞かせたことか・・・・・。

 

”口癖が「すみません」かも。ことあるごとに「すみません」って言っているような気がします”

 

私も・・・・。すぐに謝っちゃう。

相手が不愉快であること、怒っていることがすごーく嫌で、自分が謝って丸く収まるなら・・・と謝ってしまう。

 

HSPは生まれ持った資質で5人にひとりは存在するそうです。

 

勉強になったのはこの部分。

養育環境の影響を受けやすく、両親に愛情深く育てられれば基本的安心感やストレス耐性が育まれる。元々は敏感でも、様々なことに挑戦でき、強さも十分に育まれるとのこと。

 

私、20代くらいまではすごく意欲があり、行動的でした。行動してだめならその時、考えればいっかと。小学校のときから大人しいとは言われてたけど、自分の意見を伝えることもできていたように思う。これは両親の関わりのおかげだったのかと思いました。

 

でも、人間関係は学生時代から苦手。中学校まではなんとかなったけど、高校からは苦痛で仕方なかったです。クラスメイトともどう付き合えばいいかわからなくて、上辺の友達はいたけど深い付き合いができる友達はいませんでした。友達に合わせてばかりだったから、一度担任の先生に「嫌なことは嫌だと伝えなきゃだめなんだぞ!」と言われたことを思い出しました。

その頃はひとりでいる方が楽だったけど、友達付き合いに憧れがあったりして。

学生時代の友達とは社会人になってからも付き合いはあったけど、「何言っても怒らない人」「都合よく付き合える人」というイメージを相手に植え付けていたのかもしれないです。現にひどいことを言われたりされたあげく、縁が切れた子がいます。積み重ねだったんだなぁと思いました。

 

心から友達と呼べるのは社会人になってから知り合った人たち。私が自分に自信を持って堂々と生きている時、場面で出会ってるからだと思う。

 

特に生きづらいなぁと感じ始めたのは30代に入ってからかもしれません。

 

生活のことや仕事のことで良い意味でも悪い意味でも大きな変化があり、それは私にとって人生の大試練でもありました。その場に立ってるだけでもしんどい出来事でした。

 

それは、自分の存在価値を揺るがすくらいの出来事だったので、自己肯定感が下がり、HSPの特性が強く出て、今の生きにくさに繋がってるのだろうと思いました。

 

自己理解は続く、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

宮下奈都『よろこびの歌』〜何の為に生きるのか

よろこびの歌 (実業之日本社文庫)

よろこびの歌 (実業之日本社文庫)

宮下奈都さんの本を引き続き読んでみた。
今回は『よろこびの歌』

ひとこと、とってもよかったです。

有名なバイオリニストを母に持つ玲は高校受験に失敗し、音楽科のない女子校に入学する。友達も作らずクラスメイトと距離を置いていた玲だったが、合唱コンクールで指揮者をすることになり、、、。というお話。

玲と同じクラスの生徒が主人公の連作短篇集。
すごかったのは、主人公となる女の子たちがちゃんと主人公だったこと。なのに、他の主人公となる女の子たちと関わり、自分の心と向き合い、自分の心に足りないものに気付いて一歩を踏み出していく。
短編の物語が時系列にちゃんと進んでいて、主人公ではない女の子の成長を垣間見せてくれる。
連作短篇集だが、一つの結末として繋がる。爽やかな嬉しくなるような読後感。
とても素敵な作品でした。

人間関係のとらわれ

HSPの特性にかなり当てはまる私。まだまだ勉強中ですが、なんかほっとした感じがしています。

例えば暴力的なシーンが極度に苦手。映画を観てて、レイプシーンや暴力的なシーンがちょっとでもあると夜眠れなくなるし、夢にでてきます。だから、舞台観劇のほうが好きなのかも。(弟にこの話をしたら、そんなのみんな当てはまると一蹴されましたが。)

 

これまでも自己理解と呼ばれる類いのものは本を読んだり、勉強会に行ったりしましたが、今回は一番しっくりきてる。

 

というのも、なんとなく私って人間関係のトラブル起こしやすいのかな、、、とぼんやり思っていて、1度はアダルトチルドレンやら愛着障害やらを疑ったことも。でも、それは親との関係にゆがみがあったということになるわけで。。。何もない親子関係なんてないと思うし、私の親はちゃんと私のことを愛して育ててくれた。

 

自分の性格特性って思ったら、親のせい環境のせいにしなくて済むことが私にとってはとても助かった気分。

 

 人間関係はとーっても苦手。人からはそう見えないとよく言われます。が、とってもとっても苦手で、とにかく疲れる。人に流されやすく、振り回されやすいので、定期的にひとりの時間が必要です。だから自分のペースばかりで接してくる人は苦手なのかな。

 

ずっとこれでよかったのかと悶々としていた出来事。自業自得といえばそれまでなのですが、自戒を込めて整理しておこう。

 

1年半前くらいに20年来の友人と喧嘩別れになりました。

 

彼女は高校生からの付き合い。

卒業してからはお互い進む道が違っていたのでたまに共通の友達と一緒にごはんを食べに行っていました。思い返せば、もともと趣味も価値観も合うところがない。だから、ごはん食べに行くくらいの付き合いでした。

 

そんな彼女。学生時代の同級生と20代半ばで結婚。しかし、すぐに別居、離婚。心配で電話をかけるも繋がらず、メールの返信もありませんでした。

そんなある日、彼女の方からお金を貸してほしいと連絡が入りました。離婚で大変な思いをしており、すぐに返すからと頼まれました。助けになれればと三万円振り込んだところ、「もう二万円貸して欲しい」と。本当に大変なんだろうと思い、あげるつもりで追加の二万円を振り込みました。

振り込んだ途端、連絡がぷっつん。電話しても出ず、メールで「何か用??」とくる。疑問を感じつつ、あげたつもりでいたのだからと自分を納得させていました。彼女を信じる気持ちもありました。

 

その後、会う約束を何度かしましたが、何度もドタキャン。最悪なのは、待ち合わせ場所についた時に「行けなくなった」とメールがきたとき。電話しても繋がらず。

 

あぁ、そういう人だったんだな。私がバカだったんだなぁと思い、高い授業料を払ったと思おうと、20代はあまり付き合わずにいました。

 

数年たった頃、突然彼女から連絡がきました。離婚でうつ病になった、精神的に不安定で人と会えなかったと。別居したときから付き合ってる彼氏と再婚することになったと。

 

こうして再会して、共通の友達とみんなで会ったり、ふたりでごはんに行くようになりました。

 

が、彼女に子どもが産まれ、共通の友達にも子どもが産まれて、数年前からなんとなく違うかなと思い始めてきました。

 

・共通の友達(私含めて3人)で会うときは、自分の家か自分の家の近くじゃないと会わない。

・ドタキャンが増えてきた。自分はドタキャンするくせに別の友達が予定を変更すると責める。自分がいかにも正しいかのよう。怒りかたが尋常じゃないので、おそるおそる付き合うようになったかも、、、。

・お金を立て替えると、すんなり返ってきた試しがない(催促して催促してやっと1年後に戻ってくる)

国民年金の未納分を支払いたいからお金を貸してほしいと言ってきた。(これはさすがにお断り)

・自分の子どもをすぐに叩く。少し注意すると「子どもを産んでいない人にはわからない」と返される。

・その場にいない人の話ばかりする。もしくは悪口。

 

などなど。

喧嘩別れする2年くらい前からは、毎日のように電話がきて、世間話(芸能ニュースやらママ友の悪口)をしてくるようになりました。

その頃は私も結婚して夕飯の支度などをしている時間帯もあり、返信できないでいると「忙しいの?」「連絡ください」など

頻繁にラインが入ってることもしばしば。

自分が家族で出掛けたり、旦那さんが家にいるときに私が電話をすると出ず、折り返しもない。

 

距離感が近すぎてちょっと辛いなぁと思い始めた頃、彼女から「幼稚園の先生のふりしてパート先に電話をかけてほしい」とお願いされたのです。幼稚園の行事と勤務が重なってしまったと。正直に勤務先に話せばいいのでは?と伝えると「社員がムカつくからめんどくさいんだもん」と。お断りをしましたが、ちょっと違う、、、と思い始めました。

 

そんなときに、ひょんなことから、何がきっかけなのか覚えていないのですが。

共通の友達の子どもは自閉症と言われています。その子どものことを彼女は「気持ち悪い」と言っていたのです。

これを指摘をしたところ逆鱗に触れたらしく、その共通の友達に電話をかけ、私の悪口をがー!!っと話していたそうです。

 

それからぷつんと連絡が途切れました。

その時、ひとつ立て替えていたお金があって(私がばか)、返してもらう日にちが決まっていたのですが、「体調悪くて振り込みにいけない」とラインがきたっきり。

 

 思い返せば、すごく無理して付き合っていたのでこれでよかったと思いつつも、20年の付き合いという長さがあったのでたまに思い出してしまっていた。

 

先日、職場の同僚(親子ほど年が離れている大先輩ですが)にこの話をしました。

 

 その方に言われた一言。

 魂のレベルにあった人と出会う。自分の意思とは無関係のところ。

怒り狂われたことに対してもちょうどよかったのよ。怒り狂われたことで、もう相手は連絡とれなくなる。

 

すとんと落ちた。

深い話や前向きな話、熱い話ができる友達、先輩は仕事で知り合った人たちばかり。

高校時代の友人たちとは正直何を話したらいいのかわからないことも。

 

そして、その友達と縁が切れたけど私の周りには友達はいなくならなかったという事実。

 

こうして書いてみると、よく20年も付き合ってたなぁ、、、。でも、彼女にそういう行動をさせてしまったのも自分なんだなぁって思う。

 

でもわかったことは、この人と付き合うべきではないと、ちゃんと心が信号をキャッチできていること。この人は私を都合のいい存在だと思っていると。

 

次にどういかすか、ですよね。

 

子どもの自己肯定感と親の自己肯定感

 

0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

 

3月に39歳の誕生日を迎えました。

来年、40歳になるなんて!信じられない~。子どものときに見ていた40歳の人ってすごく大人~って思ってましたがまだまだ子どもだなぁ。

 

誕生日に義理のお父さんからこの本をいただきました。内容がとってもよくて、子育てしている人のみならず子どもや学生、若者に関わる仕事をしている人に読んでいただきたい1冊です。

 

4月に出産を終えたばかりの先輩にお勧めしたところ、一気に読んだらしく産む前に読めてよかった!と。

 

自己肯定感がすごく大事であること、そのために親に何ができるかを書いてくださってるのですが、特別な何かをするのではなくて、例えば泣いたら抱っこしてあげるとか、要求に応えてあげるという基本的な関わりに尽きるのだと学ぶことができました。

そして、自分の今の関わり方はおっけー!って思えました。

 

子どもの理解、若者や学生を理解する上でも参考になるかと思います。

 

そして、この本で紹介されていたHSCという性格特性。大人の場合はHSPらしいです。

すごく自分に当てはまる、、、。

と思ってネットで調べてみたらチェックリストに当てはまることばかり。

これから勉強してみようかと思いますが、なんとなく感じていた自分の生きにくさにハッとしたのでした。

 

 

立川は子連れに優しい街でした

Adam’s awesome PIE

ぐるなびAdam’s awesome PIE

先日、子連れランチなるものをしました。
夫婦で何度か会っていたので、お互いの夫も連れ出し。

なんだか、キラキラママっぽい(笑)

これまでは
子連れ同士の場合➡お友達の家に行っておうちでごはん

相手に小さい子どもがいない場合➡友達が家に遊びにくる、子どもを親に預けてランチ

のパターンでした。

お友達の子どもは一歳半の男の子。食事中もじっとしていないと言っていたので、きっずスペースのあるレストランを探しました。

それが上記のお店。

結局、キッズスペースは使わなかったのですが、外のテラスが広くて動き回りたがる男の子でも安心して歩かせられました。また、すぐ横をモノレールが通るので、電車好きの男の子は「でんしゃ!」と叫び嬉しそう。

お食事も薄味で、優しいお味。子どもが食べられるグラタンをチョイス。
食べるのが大好きなうちの娘は、食欲全開でグラタンに加え、パンを5枚くらい食べてました。少食なお友達の男の子も感化されたらしく、競うように食べてました。

娘が飽きたら、抱っこしてテラスに出たり。

このお店、パイを売りにしているとのこと。ごはんを食べ終わったらアップルパイやレモンクリームパイを買って、昭和記念公園に移動。お天気がとっても良い日だったので、外でのんびりコーヒー飲みながらおやつタイムになりました。


家から立川まで1時間くらい。娘を連れて長時間電車に乗るのは2月にお友達の家に行ったとき以来です。
大分いろいろなことがわかるようになってきたので、ちょっと愚図りそうになっても興味をよそにひかせたり、扱いが楽になったような気がします。

今までは愚図るのが怖くて電車は極力避けてましたが、ちょっとずつ電車でのお出掛けにも挑戦したいなぁと思いました。

それにしても、立川は子連れでいっぱいでした。

宮下奈都『たった、それだけ』

たった、それだけ (双葉文庫)

たった、それだけ (双葉文庫)

辻村深月さん、本屋大賞受賞おめでとうございます~!
本屋大賞繋がりで、宮下奈都さんの本を初めて読んでみました。この作家さんがいい!と思ったら同じ作家さんの本ばかり読んでしまいます。が、もっといろいろな作家さんの本を読んでみようと思うこの頃です。

贈賄容疑で行方不明になった男性。その周囲の人間を主人公にした連作短編集。

それぞれの主人公が「たった、それだけ」で行動できなかったことに後悔して、、、を抱えているのですが、すごくさらっと読めてしまいました。
須藤先生の教師としての挫折、出発のお話がよかったです。

すごくさらっと読めてしまった分、あまり心に残らなかったのですが、、、
他の作品も読んでみることにします。


ひとつ思ったのは、
本のテーマとはかなりずれるのかもしれないけど、、、、。

過去のこと、執着しちゃうこと、気になってしまうことって人間だからあるけど、「たった、それだけ」ってさらって流しちゃうことも大事だなってことです。
人の言葉、あの日あのときの自分の言動、、、などなど。

自分に自信がなくて保身のときはそうなりがちで、他人から見える自分がどうかをくよくよ考えたり、躍起になったり。

ありのままってすごく難しい。けど、ありのままでありたいなぁって思うのでした。